暇人控え室
海外就職と国際結婚が夢。ポケモンはやめた。今は洋画感想が中心。
http://nzkiwi27.blog50.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2月から3月にかけてヨーロッパ及びアメリカを旅行していました。
卒業旅行というやつ。

・ヨーロッパ(20日間)
飛行機でスウェーデンへ
ネットで知り合った人んち(田舎町)でホームステイし、ストックホルムやウプサラも観光(今回のメイン目的)

フェリーでフィンランドへ
2年前の友人たちと再会して泊めてもらい、タイムスリップして留学生活を追体験したような感覚

飛行機でドイツ・フランクフルトへ
エッチなお店に行く予定だったが、行かなかった。代わりにただ観光

列車でミュンヘンへ
Air BnBで予約したフランス美女の家に泊まり、昼から夜まで美味しいビールを堪能

列車でプラハへ
普通の観光。先述の3か国と違い、チェコは初めて。

・アメリカ(10日間)
飛行機でラスベガスへ
カジノとかする

キャンピングカーをレンタルし、アリゾナ方面へ
アンテロープキャニオンとグランドキャニオン訪問

そのままドライブしてロサンゼルスへ
ダウンタウン、サンタモニカ、ハリウッドとか行く

ラスベガスへ戻って車返却
適当に遊ぶ


費用
・ヨーロッパ
飛行機代:
 114000円
海外保険:
 8000円
宿泊費:
 18000円
交通費(バス、列車、フェリー、地下鉄等):
 60000円
食費(間食等含む):
 40000円
その他(お土産、入場料等):
 40000円
計: 280000円

意外と安く済んだ(友人たちのおかげ)

・アメリカ
飛行機代:
 75000円
海外保険:
 3000円
宿泊費:
 23000円
キャンピングカー代(レンタル費、ガス代):
 51000円
交通費(バス、タクシー、駐車料金等):
 18000円
食費(間食等含む):
 16000円
その他(お土産、入場料、チップ等):
 37000円
カジノで負けた額
 5000円
計: 228000円

意外とかかった(レンタカーのせい)

費用を見て分かる事実
・ヨーロッパ20日、アメリカ10日なのでアメリカの方が割合多い
・ヨーロッパでは美味しい物食べまくってる(夕食おごってくれたり作ってくれたりしたのにこの金額)
・日程2倍のヨーロッパの方が宿泊費が安く済んでる(泊めてくれてありがとう)
・キャンピングカーが安ければアメリカの費用は大したことない
・お土産代はヨーロッパでの方が高いので、入場料等がアメリカで異常に発生した(このうち12000くらいはディズニー)



いよいよ4月から社会人となるので、このブログとはオサラバです。
もともとポケモン辞めた時点で存在価値はほぼ無くなっているし、ここ2年は映画の感想しか書いてないし、それですら一行感想へと成り果てた(Filmarksのせい。マジおすすめアプリ)。

ただ、今作成中のExcelファイルがあって、会話に最低限必要な単語を品詞別に並べた多言語辞書なんだけれども、それをいずれ投稿するかもしれない。もともと、ネットでそういうのを探して見つからなかったので自力で作成しようということで始めた企画なので、ネット上で需要はあると思う。Excelだから検索や並び替えが可能。
現在は英語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語、フィンランド語の5ヶ国語を収録していて、ネイティブ添削済み。
現在作成中のスペイン語とロシア語を追加すれば相当役に立つと思う。アラビア語と中国語も入れたいけど、まだ勉強していないので遠い未来の話になりそう。



最後に、少なくとも700くらいの映画を観た私が心からオススメする映画たちをご紹介。
いずれも2時間程度で観終わるので、騙されたと思って、ネタバレせずにご覧あれ。

・サウンドオブミュージック
小学校や中学校の授業で観たことがあるかもしれない。それでももう一回観てほしい。50年たっても色あせない最高の音楽映画。
・ヒックとドラゴン
別記事で個別に紹介しているけど、地球上の誰が観ても全員が普通以上の満足感が得られること間違いなしの隠れた名作。
・キングスマン
最高にスカッとする現代のアクション映画。ブラックなメッセージ満載。
・LIFE
旅がしたくなる。行動を起こしたくなる映画。
・スパニッシュアパートメント
留学がしたくなる映画。
・スクールオブロック
人生で唯一、笑いながら泣いた映画。
・2012
映像最強部門第一位。
・なんちゃって家族
ほんわか笑えるコメディ部門第一位。
・ゾンビランド
ゾンビ映画部門第一位。
・セイフヘイブン
衝撃のラスト部門第一位
・(500)日のサマー
恋愛指南映画部門第一位。
・アバウトタイム
恋愛映画部門第一位。

学生生活最後の映画として、来週「素晴らしき哉、人生」を観ようかなと思っています。
アメリカでは全ての学校で生徒全員に見せることが義務付けられており、Filmarksでの平均星数4.4という化け物みたいな映画です。
まだ観ていないので何も言いませんが、この映画も一応オススメしておきます。


さようなら。
 
スポンサーサイト
やることが無いので、ひたすら勉強するしかない。
前回の記事以来観た映画たち



・ゴーンガール
将来結婚したら相手を大事にしましょう。さもなくば死ね、って感じの映画。

・ピクセル
子供向けなのにネタはオッサン向け。
ミシェルモナハン最高。

・Godzilla/2014
地上波で観たわけではない。最後の戦闘シーンまで焦らしすぎ。パシフィックリムを見習おう。

・ハウルの動く城
地上波。

・ピッチパーフェクト2
良くも悪くもやってることが前作と同じ。
結果的に劣化してしまった。

・マイノリティレポート
SF要素もサスペンス要素もたっぷり詰まっていて今観てもおもしろい。

・バグズライフ
人間のゴミと自然の小物を利用したミニチュア的アリの生態がたまらない。

・SPECIES
ナターシャヘストリッジの裸を観る映画。
20年前であることを考えると名作。

・ヒックとドラゴン
アニメ作品最強の出来。世界観も飛行シーンも最高。

・モンスターVSエイリアン
実写でもいんじゃねこれ。

・メイズランナー
こういう中学生御用達系サスペンスホラー大っ嫌い。

・突然みんなが恋しくて
久々のメラニーロラン。変人だけどかわいいは正義。

・Uボート最後の決断(原題In enemy hands)
本家Uボートと勘違いして借りてしまったややこしい邦題シネ。
ティルシュワイガー活躍するので許した。

・4月の涙
フィンランド内戦を描いた暗いラブストーリー。
勉強になります。

・インターステラー
神秘的の一言で全てを表せる。映画館で観たかった。
2001年宇宙の旅をリアルタイムで観た世代のような、新時代のSFの幕開けを意識させる。

・SPECIES2
エロ半減、グロ倍増。観る価値なし。

・アントマン
これはアベンジャーズ入りしても普通に強いね。
コメディ調の演出とミクロ世界の描き方が良い。

・くもりときどきミートボール(原題Cloudy With a Chance of Meatballs)
意外な良作。原題も邦題も好き。
万人にオススメ。

・ヒックとドラゴン2
続編なのに劣化してない。
前作より飛行シーン増えて最高。

・ミートザペアレンツ
リアルじゃない不運と周りのリアルな反応のアンバランス感。
でもなんだかんだ言って最後は涙。

・セッション(原題Whiplash)
圧倒される。怒涛の演技が見れる合奏シーンと最後の演奏シーン。
凄まじい。

・ミートザペアレンツ2
すごいおもしろい。
計算されたネタの数々。

・ヤングアダルト
観てて痛々しくなるけどオススメ。
シャーリーズセロンの90分のPVとしても良し。

・ミートザペアレンツ3
笑いが減ってしまった。


22日で24本でした。
 

最近観た映画は、アメリカン・パイ
有名なエロコメディ映画。
邦題だけパクられたアメリカン・パイパイというのも観ました。
これはB級ってかC級映画ですが、Youtubeにあったから観れた。
コメディというよりもうただのAVを観てる気分。
アメリカン・パイの続編の続編の邦題がアメリカン・パイパイパイらしいです。観よっ。


邦題の次は本題。
ここ2日は色々ありました。
人生を左右するような出来事が。
学校等で相談しても何もならないのでココで愚痴るのであります。

・就活開始
金曜は学内合同説明会、土曜は個の企業の説明会。
先週まで遊んでたのに、一気に就活生へ大変身。
いくつか行きたい企業はありますが、学校推薦との兼ね合いで非常に非常に迷っております。つらい。
海外で働ければそれで良いという基準で選んでいるのですが、難しいね。


・ALT
中学校で働く外人英語教師たち、ALT。
彼ら10人くらいと遊びに行きました。
わが県のALTたちは他の地域と比べ、日本人との関わりが少ないらしく、こんな経験できるのは非常に貴重、と山形中のALTと仲の良いヤツが言っていました。
死ぬほど楽しかったです。

中学校の頃、色々な意味で憧れの存在であったALTの、「先生」と呼ばれる立場の人々と一緒に行動しているという事実が、私の年齢の上昇を強く実感させられ、つらい。
その頃の私から観た今の自分は、留学もしたし、外国の友人もできたし、語学力も上がったし、海外旅行も複数行ったし、東北大の学生でもないのに国際交流の機会をいっぱいもらえてるし、一見理想をかなえているように見えるのです。
でも今は自分に何も満足していない。
それはなぜか。
彼女がいないからです。
欲しいです。

・バイク
土曜日は先輩的な人たちと星を見に行きました。
海辺に行ったのですが、住宅街跡地が震災直後と何も変わってなくてちょっと悲しかった。
あと暗さ&波の音がメッチャ怖かった。
幽霊が存在するとしたら、あのスポットには100%何かがいる。
人生で初めて流れ星を観たりできたり。

バイクに乗せてもらったのですが、バイク、めっちゃ良い。
就活終わったら免許取って、就職したらバイク通勤します。
注意力散漫な私が載ったら事故りそうで、免許取るつもり無かったけど、180度意見が変わった。
乗りたい。


・ツアー
前回の東南アジア旅行のメインは、カンボジアの学生ツアー。
学生の企画する、「海外に行きたいけど勇気とキッカケが無くてあんまり行ってない学生をとりあえず連れて行って観光や勉強を通じて色々経験させるツアー」です。
それのスタッフの1人として行ったのですが、その時のリーダーに、フィンランドでもそのツアーやろうぜ的なことを言われました。
もちろんフィンランドなのでやるならリーダーは私になります。
コネがあるのも私だけなので、向こうでの手配は私にしかできません。
俺、就活生なんですけど。
普通なら断るべきなのですが。

それを提案した先輩(カンボジアツアーリーダー)のことを、私は尊敬しています。
彼は海外で活躍している人だし、モテる。
彼のような人間になるのが私の目標の一つでもあるのですが。
カンボジアでのツアーは実質が彼が立ち上げたもので、半年に一回やってるうちの全ツアーにおいて、彼が実質的なリーダー。
彼がいなくなれば、ほぼ出来なくなります。
彼のような人になりたいなら、同じことをすればよい。
ならフィンランドでもやればいいんじゃないのか。
今まで誰もやったことのないことをやることの大事さは就活で散々聞いています。きっと大事なんだろう。
個人的に再びフィンランド行きたいのもあるし、何人もの学生を連れて行って一緒に行くなら絶対楽しいし、それで彼らの考え方や人生が変わったりなんかしたら、今までの人生21年分全部足し算しても叶わないくらいの、人生最大の功績になるでしょう。

募集してみて人数が集まらなかったら中止しますが、計画は立ててみよう。
募集には予算の計上というモノが必要なのと、教育・福祉施設へのアポとり(今のところソコのコネは無い)が必要なのが大きな課題。
早く仕事探さなきゃ。

今までの人生でそんなプロジェクトのリーダーをしたことはありません。
大変なんてもんじゃないだろうけど、成功したら学生生活にとてつもない有終の美を飾れるし、毎年開催することになるから、俺がその創始者になるという恐ろしい出来事が。
このままタラタラしてたら実行できないまま今年が終わりそうですがね。
 

25日間の東南アジア旅行が終了。
旅行というものは帰ってから土産話をしたりするのも楽しみだったりしますが、語りきれない部分はこのブログにて書くことにしましょう。
観る人いるかどうかは関係ない。

前の記事でマジメな事書いてますが、結局風俗には行ってます。
2週間禁欲した後に急に13人の旅から独りになったのです。仕方ないね。

今回特に感じたことは、一人旅には一人旅の、大人数の旅には大人数の楽しみがそれぞれあるということ。
でも次の旅行は誰かと一緒がいいな。
というか、彼女と旅行がしたい。
次の目標は、彼女を作ること。

この旅で目標にしていた、「話しかけまくる」こと、ちゃんとやってきました。
旅行中はそんな目的のことは忘れていましたが、ヨーロッパ好きな私は普段から金髪美女とお話する機会を欲しているので、意識しなくても大丈夫でした。というか今前回の記事観て目的とか思い出した。
ベトナム、カンボジアでは友人と一緒だから心強かったし、タイ、ラオスでは独りになった寂しさもあって、目があった観光客のほとんどに話しかけました。
日数を考えると、単純計算でどうあがいても150人以上の観光客と会話したと思う。
出身地とか旅の話ちょっと聞いただけのを含めたら倍くらいかもしれない。
中には、一緒に出掛けたりしたことも。
東南アジアに行ったのに様々な国籍のヨーロッパ人と出会うことができたし、日本人とも出会えた。

この記事では、そんな出会いの数々を(自分の記憶のためにも)メモしていきます。


・日本人①
タイのゲストハウスで3人ほどの日本人と仲良くなり、一日しか会ってないのに下ネタしか話さなかった。
仙台人と京都人2人。

・日本人②
ラオスのゲストハウスで同じ部屋になった。一緒に夕飯食いに行ったりビリヤードしたり。
大学辞めて4か月間旅をしている同い年の横浜人。

・日本人③
像使いレッスンで一緒になった二人組。
片方はフランスとのハーフのイケメンで、高校生までフランスに住んでたので、実質フランス人。
日本語が完全ネイティヴ並みなので日本人に見えるが、フランス語の方が第一言語らしい。
もう片方はフランス&スペイン留学経験者で、フランス語ペラペラ(だが発音が英語)。
彼らのせいでフランスにワーホリ行きたくなった。

・スウェーデン人たち
最も印象に残ったのは、バンコクを発つときにバス停で会った男1&女2。
3人で思いっきり綺麗なスウェーデン語を話していたので興奮して話しかけた。
スウェーデンが好きすぎる気持ちが伝わったのか、良くしてくれた。
3人で計1年に渡る旅をしている最中。
スウェーデン女性2人と1年旅とか、羨ましすぎて吐きそう。
2時間だけだったけど最高の思い出。

・フィンランド人
ノキア出身のおしゃべり好きなオッサン。
フィンランドに住んでいたので色々話していたら運命を感じてくれたらしく、シベリウスのDVDをくれた。
タイで働く息子に会うために1年に1度だけ東南アジアに旅行に来ている。

・韓国人たち
他にも結構な数の韓国人と話したけど、多すぎるので1人を除いて省略。
ベトナムで空港に降り立ち、最初に会話した人物。
タクシーをシェアし、ホテルも一緒に探した。
ホーチミンに来たことがあるので美味しい屋台やカフェを教えてくれて、夜は飲みに行った。
旅行最初の一日が最高に楽しく、ワクワクさせるものになったのはコイツのおかげ。

・中国人たち
中国人もたくさん話したから全員覚えてはいない。
一人は、ラオスにいた、日本語話せるけど英語話せない中国人。
でも1か月の旅をしている。
鈍くさい動きをするが、ムキムキ。

・フランス人たち
いっぱいいすぎて覚えていない。
カンボジアで立ち話をした若者集団(2週間の旅行中)
カンボジアで立ち話をしたフランス語教師2人
ラオスで同じドミトリーにいた1年間旅をする寡黙な男
象トレーニングで一緒になった老夫婦(カンボジア在住で事実婚)
などなど。

・ドイツ人たち
多分もっとも多く出会った連中。
ドイツ語やっぱりカッコいい。
バンコクにいた20歳のラブラブカップル(ヒゲを伸ばさないと彼女に相手してもらえない)
バスで出会った全員メガネかけた高身長家族
同じバスにいたハイテンションなラブラブ中年夫婦
ラオスで同じドミトリーになった4人組(年上だと思ったら全員19歳)
次の日に隣のベッドに来たオタク系旅人(半年間の旅)
などなど。

・アメリカ人たち
以外とフランス人ドイツ人よりは少なかったと思う。
カンボジアで立ち話した高身長カップル(英語教師)
カンボジアのプールにいたカップル(半年間仕事が休みで旅行中)
カンボジアのホテルにいためんどくさい泥酔デブ
などなど。

・イギリス人たち
カンボジアで立ち話したアイルランド人カップル(女の方はネイティブIrish)
カンボジアのベンチで、結婚する友人にポストカード書いてたオッサン
タイのゲストハウスで飲んだクレイジーな若者2人
タイの屋台にいたクソ酔っぱらってるオッサン

・カナダ人たち
ベトナムで飲んだ旅人2人(3か月の旅行中)
カンボジアで立ち話した英語教師2人
タイのゲストハウスにいたプー太郎のオッサン(酒が飲めない)

・オーストラリア人
ベトナムで飲んだ英語教師2人
タイのゲストハウスにいたメッチャ美脚の旅人二人(象に乗るの大好きと言っていて興奮した)
ラオスのゲストハウスで一緒にビリヤードしたら、帰りの空港で偶然再会し同じ便に乗った、日本のメタルが好きな音楽教師

・ハワイ人
ラオスの屋台で相席した優しい老夫婦
ラオスの滝で出会った奇人の楽器大好きオッサン(56)

・デンマーク人
カンボジアの市場でパチモンのアクセサリーを買い漁る金髪美女3人衆
直後に別の場所で出会った別の金髪美女3人衆(年上に見えたけど全員年下)
タイの屋台にいた教師オッサン(1週間いるらしいけど、多分風俗狙い)

・ノルウェー人
ベトナムで飲んだ韓国好きのパツキン天然姉ちゃん
その人の友人の、1年間旅を続けている金髪美女(世界の神々のタトゥーを入れている)
さらにその人の友人の、ダンス大好き泥酔男(次の日すれ違ったけど昨夜の記憶が無いらしい)

・オランダ人
カンボジアで立ち話したイケメン2人組。両方身長ピッタリ190cm。
ラオスの屋台で相席したフランス語ペラペラの金髪。ちょっとシャイなところがカワイイ。

・ベルギー人
ラオスのゲストハウスでタバコミュニケーションした金髪美女2人。ビールの話をもっとしたかった。

・オーストリア人
バンコクを発つときに会った一人旅中の彼女なしイケメン

・スイス人
カンボジアの市場にいたオッサン2人と赤毛オバサン1人。向こうから話しかけてきた。

・ロシア人
いっぱいいた。
カンボジアで立ち話したイケメン美女カップル(1週間だけの旅行)
タイのモールでアホみたいにタバコ吸ってた金髪美女2人組
ラオスの洞窟で無駄に怖がってた老け顔の同い年2人組

・ウクライナ人
カンボジアにいた子連れのオッサン。妻は旅行に着いてこなかったらしいのでタブーだったかもしれない。
カンボジアで立ち話したシャイなイケメン(ハゲ)
タイにいた18歳の染め金髪美女。アヴリルに似てる。
ラオスでトゥクトゥク相乗りしたパッツン金髪&黒髪2人組(英語ほとんど話せないレアキャラ)

・ポーランド人
象のキャンプでカヤックしに来た美女とふくよかな美女。目の色が「ビール色」

・スペイン人
いっぱいいた
女性にほとんど会えなかったので記憶にあまり残っていない。

・イタリア人
カンボジアで立ち話した半年旅してるカップル
他にも結構カップルに会った。

・モロッコ人
ラオスにいたマルチリンガル女。小動物が苦手。

・インド人
ベトナムのバーにいたハードロック大好き男



書くの飽きた。
バルトの人々がいなかったのが悲しい。
もちろん現地人とも会話はしましたが、それは誰でもすることだし……
基本的に女性との会話しか覚えてない私のクソっぷり。
カップルが非常に多かったのが、私の脳に重大なダメージと未来への希望を与えてくれました。
次はカップル側になれるようにします。
 

月曜から、1か月間、東南アジアに行ってきます。
ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス。
3月中に更新が無かったら日本に帰ってこれなかったのだと認識してください。

友人にこの旅行の話をすると、8割くらいの確率でタイの風俗の話をされますが、
この旅の目的は結構マジメなものです。
最初のきっかけは、身近に東南アジアに行きまくったり、インドに一人旅したりする旅人が何人かいたこと。
それで漠然と興味を持ったこと。
今まで、いわゆる「途上国」と分類される国々に行ったことが無かったこと。
日本はもちろん、私が今までに訪れたりした国々と何がどう違うのかもよく分かりません。
そんな中、国際交流の機会に飢えていた去年の私が見つけたとある団体が、カンボジアの学生ツアーを企画していると知り、行くことを決めたわけであります。

目的はマジメと言いつつも、結構曖昧なものです。
行ってみて何を感じるかは、行ってからしか分かりません。

カンボジアは本当に悲惨な歴史を持つ国です。
タイでストリップ見に行くような旅行とは得るものが違うはずでしょう。
映画「キリングフィールド」を観るのが手っ取り早いでしょう。
実話を基にした物語。
若いころのJulian SandsやSam Waterstonが出てます。
コレを観るだけでは歴史的背景は分かりませんが、興味は湧くはずです。
あと、「僕たちは世界を変えることができない。」も。

もう一つのマジメな目的は、他国の旅人と話すこと。
日本で日本人の旅人とたくさん話をする機会を得て、聞くたびに色んな国に行きたくなります。
でも日本人以外の旅人と話したことはほぼない。
東南アジアは欧米人にも人気なので、彼らと仲良くなって見分を広めたいです。
そういう旅の話を聞くのって、マジ大好き。

この2つの目標を総合して、「話しかけまくる」ことがこの旅行における私の座右の銘。


つーワケで東南アジア=風俗とかいう考えしか浮かばない高専の変態どもをどうにかしてください。
 

私のノートパソコンは、ブッ壊れています。

起動するときのWindowsマークが貧相なものになっており、起動するたびに文字化けした警告窓が開きます。
JW-CADも文字化けしているので次に製図の機会が来たら私はどうすれば良いのでしょう?
フィンランドにて、周りの環境を英語に染めようとPCの言語設定を英語にしようとした結果、失敗してこうなったのです。
ググって出てきた初心者用手順にしっかり従ったのにさ。
結果、英語設定にはならず、変な文字化け仕様のまま1年が経過しました。
ちなみに設定の方法も、コンパネで何かイジったあとに言語パックをインストールしたり何やかんやで超めんどいです。

ところが。
パソコンではこんなに苦労するのに、スマホなら一発です。
言語設定を英語に変えるだけ(Androidの話なのでiPhoneは知らない)。
これでアプリ名もアプリ内言語も全て英語になります。
すごいのは、ブラウザも英語仕様になるから、「英語で検索したつもりがカタカナの日本語サイトが出てくる」こともなくなる。
ちなみにPCではhttps://www.google.com/?hl=en で検索することでこの問題を解決できるっぽい。

こうしてスマホに関しては、ここ1年以上、パズドラ以外は英語にすることに成功していました。

そして。
昨日、Xperia Z3という新ケータイを買いました。
心なしか画質がきれい。
画面は先代のArrows Xと同じくらいの大きさですが、圧倒的に厚みが薄い。
そしてSONY製。
富士通とかいう再起動祭りのスマホは卒業。

このケータイを早速、英語に変えてみようとしたのですが。
なんと!
設定できる言語の数が半端ではない!

Arrowsは日本語と英語の2択だったのに。
もう数えるのすら面倒な数。
英語だけでもUS用、カナダ用、UK用と様々。
色々な言語で試してみたのですが、やはりブラウザもその言語の仕様になる模様。
これぞ私の待ち望んでいたケータイやで!
今どきのスマホはどいつもこいつも可能だとは思いますが。

で、色々試す過程で気づいたのが、「International keyboard」のスゴさ。
買った時点で既にデフォルトでインストールされています。
今までは特殊文字を打つのには、Go keyboardか MultiLing keyboardを使っていました。
ところが、もうそれがいらなくなりそうなレベル。いるけど。
ちゃんと設定すれば、特定の言語仕様の辞書(予測変換)が使用可能。
さらに!ウムラウトやハーチェク等の記号も簡単に打てる!
最近のスマホまじスゲーよ。

Go keyboard はもはやアルファベット以外の文字を打つことにしか使わなくなるでしょうが、逆に言うとそれらには必須。
MultiLing keyboardの方はドマイナーな言語だけでなくIPA文字まで打てるキチガイアプリなので、結局2つとも今後も使っていくことになるでしょうね。
特に後者はスゴいおすすめのアプリ。
これ一つあれば打てない文字は無い。
 

9月、何もすることが無かった。
インターンも1週間だったし。
ただただドラマ観て、勉強して、バイトして、寝てた。

でも、ここ数日で様々な希望が湧いてきています。
9月末から10月にかけて、俺得なイベントが盛りだくさん。
私の所属するサークルとその関連団体が活発化する季節だからです。

そう!
新しい留学生がやってくる季節!
1も2もセメスター問わず10月に雪崩れ込んでくるのです。
来週、フィンランドでの友人その2(1は先月会った)と再会します。
楽しみ。

あと、行きたい行きたい言いながら行ったことなかったオクフェスに昨日はじめて行ったけどクソ楽しかった。
9月を何の気なしにダラダラ過ごしてるけど、実は留年の危機が近づいていることは誰も知らない。
ホントに誰も知らない。
先生!俺のメールに気付いて!!
 
今週は月から金までTOKYOでインターンシップに行ってまいりました。

結構グローバルな企業だったので、今のところ第一候補です。
企業でのインターンは初めてで、グローバルな上に学校での研究に関わる、医療関係の仕事。
楽しかったし、将来行きたい企業が具体的に絞れてきて、行ってよかったと心の底から思えました。
20人ほどの参加者のうち2人がニュージーランドに1年留学経験のあるヤツ(しかも年下)。
貴重な話もたくさん聞けました。
私はフィンランドの話は伏せ、海外興味あるけど行ったことのない青二才な設定で話していました。
すげー上から目線で海外で気をつけるべきこととか英語のコツを語ってきたのがおもしろかった。


だが、それよりも。
フィンランドから東京に短期留学に来てる友人と会ったのです。
1週間のうちで2回ほど会って、飯食ったりカラオケしたり。
洋楽好きじゃなかったら超つまらない時間だったでしょうが、普段周りが知らない曲を歌いたくない私にとっては人生で一番楽しいカラオケでした。
ドイツ人の前でRammstein歌いたかったのに入ってなかった。DAM許さん。
Falcoは歌えないし……

これが死ぬほど楽しかった。今のところ今年イチバン。
「友人を連れてくるよ」と聞いていたのですが、なんとその友人は全員欧州人。
日本人が自分だけの状態で遊び、さらに自分にとって不慣れな、東京という場所。
再び留学生になれた気分でした。

ただでさえgaijinの多い東京にいて幸せな気分だったのに、一緒に遊べるとか!
8ヶ月ぶりの金髪美女との会話!
ホントに楽しかった。
去年と違うのが、自分の町ではないとはいえ、あくまで東京。日本。
私が主役なのです!ドヤ顔で通訳するのが楽しかった。
前は他の日本人と相談したり、ソイツを通していたけれど、初めて一人でやった。
今年に入ってずっと英語を勉強していたけれど、なんだかんだもう8ヶ月。
ちゃんとその効果が如実に現れていました。
会話力は上がってないけど、単語力が上がった。
言葉の壁を感じずに話すことができる幸せ。
私はこれから堂々と語学を長所として生きていきます。就活とかでも。
なおTOEICの点数はゴミな模様。

とにかく、サイコーに楽しくて、自分に自身が持てるようになって、将来のビジョンも見えてきた素晴らしい素晴らしい1週間でした。


あー幸せ。
 

後輩がフィンランドへと旅立ちました。
向こうで二番目くらいに仲良くなって、かつめっちゃ世話になった友人がチューターのようです。
彼は顔が広いし日本好きだし、恵まれたチューターをGETしたようです。
住むアパートも私と同じ場所だった模様。

去年は、15人ほど応募して、選ばれたのは7人。
今年は、応募者が2人のみ。
もちろん2人とも選ばれました。
なにこの差。
ちなみに2人とも水泳部の後輩です。笑

あれから1年。
デッカくて速い雲が浮かぶ青空の中、なぜかそんなに暑くもない天気の中、
チューターの車に乗せられて高速道路を120km/hでアパートまで送ってもらってから1年。

あぁあの頃に戻りたい。
フィンランドでの経験で、私が将来やりたいことが確定しました。
実質中学の頃から変わってないけど。
そして、海外での生活が、少なくとも先進国においては、大してハードルが高くないことも分かり、海外への自信も獲得しました。

そして2014年8月。
あれから成長したのは英語力だけです。
あとは何もないです。
宝くじを当ててスウェーデンに留学したいです。

今のところ、海外に関する予定がいくつかありますが、確定してないし、
そもそも私の望んでいることは長期的な生活なので、就活でそのことを考慮しなくてはいけない。

人生の岐路に立たされているのに、映画とドラマしか観てない毎日。


あと、7月のTOEIC、完全ノー勉で自信もなかったのに6月より点数上がってました。
もうTOEICとか信頼できないな。
これからも勉強はしない。
400点取れれば卒業できる学校ですからね。
そんなのフィンランド前から取っとるわ!
 

キーウィもどき

Author:キーウィもどき
ブログ始めたのは2008年。
話題は映画と洋楽とポケモン。

好きな物は北欧と言語と映画。
嫌いな物はニート。
好きでも嫌いでもないのは消しゴムだよ。


Xフレコ:0344-9716-0640
W2フレコ:1678-9948-7359
パズドラID:150.748.956
twitterID:@kModoki2
FilmarksID:saatan




リンクは歓迎してるよ!(チラッ
twitterフォローも歓迎してるよ!(チラッチラッ

未分類 (0)
日記 (188)
写真 (41)
映画・ドラマ (74)
言語 (0)
音楽・動画 (70)
マンガ (37)
ポケモン (192)
水御三家 (30)
育成済 (45)
プレイ日記 (17)
他ゲーム (57)
FFTA2 (6)
パズドラ (5)
とび森 (12)
FE覚醒 (6)


凡人の凡人による日記

かかし人形の暇人日記

トルコだより

ブログするのも生きてる証

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 暇人控え室, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。