暇人控え室
海外就職と国際結婚が夢。ポケモンはやめた。今は洋画感想が中心。
http://nzkiwi27.blog50.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私はもちろんJ-ROCKも好きです。
とある人物がカラオケで歌っていた曲のリフが、打ち込みなのにカッコイイから帰って聞いてみたらしゅごい。

メタルメタルしいリフを取り入れてるうえに疾走感のあるロックで、
歌詞もスゲー考えられてるの多いし、発音も今まで聴いた邦楽で一番しゅごい。

これは気に入ったぞ!


 
スポンサーサイト
先日、高専を卒業いたしました。

高専の次の科に進学するので卒業の実感は全然ありません。
なので大多数の就職組や大学編入組とはもう会えないということも実感していません。

卒業式後の公式お泊りイベントで、もう2度と会わないかもしれない友人に多大な迷惑をかけ、
その友人に別れどころか謝罪も言えないまま終了。
帰りのバスで気分悪くなって窓開けてもらって皆に寒い思いをさせ、
降りた後にも別れを言わないまま駅のトイレに直行して×××。

最後の最後で最悪なヤツなパターン。



その反省を踏まえ、昨日の水泳部お別れ会では飲料を控えました。
このお別れ会には、毎年のルールが存在します。

「卒業する先輩それぞれに予算3000以内でプレゼント」。
予め欲しいものを聞いておく。
「オマカセ」と言った先輩には大抵の場合オトナのオモチャが渡されます。

私は洋画DVDオマカセにしました。

ここしばらくの間、その映画の内容が何になるかワクワクしながら過ごしたものです。
結論から言うと、予想を上回るモノでした。

貰った内容は、
・ミラーズ
・96時間
・ドッジボール
・洋モノAV


といったカンジ。

最後の奴がくるのをひそかに期待してたので大喜び。今晩が楽しみ。
ドッジボールという映画は初耳ですが、普段スポーツ映画観ないので楽しみ。
96時間というのも、名前は有名だったし、舞台がパリということで興味はありました。超ビックリ。
気になっていた映画入っていた時点で嬉しいのにだ、

ミラーズ。
これを見た瞬間ビビりましたよ。
主人公はジャックバウアー役のキーファーサザーランド!
そしてヒロインがエイミースマート!!!!!!

この組み合わせは前から気になっていました。
大好きなドラマの超有名俳優と今推しに押してる女優の共演なんですから。
最近このブログ、エイミーエイミーばっか言ってます。
2個くらい前の記事でもエイミーのこと書いてるし。
でもモロにホラーだから借りる勇気がなかった。

でも!
それをプレゼントしてくれたのです!
偶然か、はたまた下調べ済みだったのか。
直接後輩たちにエイミーprprとか言った覚えないし、後者だったとしてもスゴいリサーチ力。
24好きなのは皆知ってたと思いますが。

観るぞ!ミラーズ!
 
ヘッドホン買いました。
5000円くらいので妥協するつもりでしたが、なんとなく視聴した奴に対して「これが欲しい!」と思ったので予定変更して2倍くらいの値段のを購入。
後悔はない。
同じクラスに59800円のを買ったオタクがいるのでこれでもまだ安い方です。


本題。

今日手に入ったニュース。
アーチエネミーのボーカル、アンジェラ・ゴソウが脱退、
The agonistのボーカルであるアリッサ・ホワイト・グラスが新ボーカルとして加入。
一方のThe agonistの方には元EVE(知らない)のボーカル、vicky psarakis(誰それ)が加入。

衝撃。

なんかもう、衝撃。

女ボーカルのメタルはとても大好物。
そしてとても数えきれない数あります。
スウェーデンやオランダは女ゴシックメタルの名産地。

でも意外とグロウルはそんな多くないのです。
私はこの分野は割と詳しいつもりですが、なかなか新しいのが見つけられないのです。

昔投稿した奴の宣伝も兼ねて。
1曲目がThe agonist、2曲目がArch enemyとなっております。
そのくらい有名なんです。


この他、Butcher Babies、 In This Moment等がオススメ。
 

中学生の頃、ワケあってyoutubeでオペラ見たりしてました。
そして気付いてしまった。
イタリア語カッコいい。

そして気付いてしまった。
外国語ってカッコいい。
当時は知識を伴っていなかった。
ただ憧れるだけだった。

でも今は
立派な言語オタクです。

でも言語史学を学ぶにあたって、普通に歴史そのものを学ぶ必要もあるのです。
だから戦争を知ろう。
戦争映画を観よう。


そして先週、映画「フライボーイズ」を観たのです。

ウソです。
ホントは「フランス美女のナマのフランス語聞けるよ」と高専のもう1人の言語オタクに薦められただけです。
フランス語はマジでエロいです。

歴史とか関係なくダイレクトにフランス語のために借りました。
フランス映画見ろよと言われればそれまでですが。
もっと分かるようになってから観たい。

でもまぁ、結局は、戦争に興味を持つきっかけとなりました。
不謹慎なんですが、容赦ないからこそ現実に起こってほしくはないのですが、
フィクションとして考えれば、なんだか哀愁漂うロマンを感じるのです。

もっと戦争映画を観よう。

このフライボーイズというのは、第一次世界大戦が舞台。
アメリカ参戦前、若者たちがフランスで当時発明ホヤホヤの「飛行機」に乗ってドイツと戦うという物語。
空中戦カッコいい。

そしてフランス語エロい。

なんとなくマイナーな雰囲気漂うパッケージだったのですが、
主人公はスパイダマンや猿の惑星ナントカに出てくるジェームズフランコ、
上官役にジャンレノです。同じ年にダヴィンチコード出てるアノ人。

いくつかツッコミどころはあるけれど、おもしろかった。


次はズールー語が出るとウワサの戦争映画を観るつもりです。
南アフリカが舞台。
でもタイトル忘れるっていう。
吸着音というとてもおもしろい発音が存在する言語です。
こんなに学問に熱中できる日がくるとは思わなかった。
もっと語り合える仲間がほしい。
 

ゲームは封印したけど、PS3は買ってしまった。
だからやりたいけど、でも勉強もしたい……

ならゲームで勉強すればいいのだ!

1394861598560 (1)

という暴論の末、買いました。
クレカ使いまくってた所為でポイントが有り余っていたので実質無料です。

ラチェット&クランクFUTURE、俗にいうラチェクラのシーズン2第一章です。
おそらくラチェクラには字幕機能があると思うので、気軽に英語の勉強ができます。

こういう宇宙系の世界観大好きです。


でもまだいくつかやることがあるので始めるのは少し先になりそう。
 

昨日に続けて!「アドレナリン2:ハイボルテージ」、観ました。
結論を言わせてもらうとサイコーにおもしろかったんですが。
ですが。

ホント、ヒドい。
まずツタヤでDVDを手に取った瞬間から、ヒドい。

R-15(前作)R-18(今作)になってんだもの。
ハイボルテージって性欲のことか。

冷静にストーリーと展開を分析するとトンデモない糞B級映画なのですが、
始終笑いっぱなしだったし、満足した。
コメディだからね、このシリーズ。
実はカメラワークとか音楽とかがすごくマッチしてて疾走感も笑いも常に保てる素晴らしい演出なのですが、コメディです。

クールなアクションスターのジェイソンステイサムと「映画史上最も切ない」ヒロインのエイミースマートちゃんが出てるからそのイメージでみんな観始めるんだろうけどさ。

性欲MAXの銀魂スタッフが撮ったアクション映画って感じです。
アニメの銀魂のアレな感じが苦手な人は見ない方がいい。

以下ネタバレもします。



まず、B級っぽさが2倍増し。
笑いも2倍増し。
エロさ5倍増し。
アホさ8倍増し。

ストーリーは、充電しまくらないと止まってしまう人工心臓を植えられた男が心臓を求めて暴れまくる話。
高圧電線を直接握ってブッ飛んで充電するとかいうイカれた演出してるくせに、
「カラダ同士をこすり合わせると静電気が発生して生き延びられるぞ!」とかさ。
中学生の妄想かよ。
おかげでモザイク入りのエイミーのお尻を拝めました。ありがとうございます。

前作で色々と破廉恥なことやらされるも、一応天然美女を演じきった後で、
今作序盤からいきなりトップレスのストリップに身を落とした挙句の果て、
競馬場の真ん中で公開プレイされるその落ちっぷりは
バタフライエフェクトの2週目と3週目の落差くらいスゴい。
社交クラブでアレしまくりのアレと、顔に傷ついてしまった娼婦のアレの差くらいスゴい。

エイミーの出番がほとんど終わり、再びアクション主体になったと思いきやもう映画史上最大のアホっぷり。
巨人化して格闘したり(撮影はチープ)、前作ボスの生首が登場したり、ヒロインと抱き合う幻覚見ながらブスとキスしたり(ラストシーン)

あと前作に出てきた普通のヤンキー黒人が実はゲイだったり、前作のゲイキャラの兄弟も実はゲイだったりします。


あぁ、観てよかった。
コメディ映画大好き。
エイミースマート大好き。
 
ポーラーエクスプレス、観ました。
ディズニー映画。
感動する感動すると聞かされて期待値上げまくった結果、少しがっかりするような後半展開でしたが、
CGとは思えないリアルさと迫力に驚き。

何より素晴らしいのが、その世界観。
ラップランド行く前に観たかった。
人々がサンタや北極、世界の果てへ思い浮かべる憧れが詰まった映画でした。
自分がその憧れの地、サンタの産地へと行ったのだということがどれだけ素晴らしい経験であったかを思い知りました。
冬の極地のああいう世界観、サイコーです。



ここまで前置き。
今日観たのは「アドレナリン」。原題crank。
アクション映画です。
トランスポーターで有名なジェイソンステイサムと、今私が推しに押してる女優のエイミースマートちゃんが出るとオススメされて駿足で借りに行った映画です。

スゴいB級臭さを醸し出した神映画でした。
主人公が冴えないオッサンでヒロインがブスだったら糞映画だったに違いない。

常にアドレナリンを分泌(興奮状態になる)していないと死ぬ毒を打たれるという映画。
男ならアレすることばっかり考えるでしょうが、ジェイソンステイサムは前半45分の間は大体暴力で頑張ります。

そして待たせ待たせ待たせーの、45分。
エイミースマート登場!
このために借りてきたのだ!!

あらゆる仕草がカワイイですが、なにより素晴らしいのが声。
あの声は世界で一番好みです。

この声!(2:00~)



なんじゃそりゃみたいな展開が多かったですが、魅せ方はギャグ。
そういう映画なんです。
アクションじゃなくてギャグ映画だったんです。
おもしろかったです。
頭空っぽにして観れる映画とはまさにこういうのを言うのでしょうが、
頭空っぽにして観るためにはもっと英語を勉強しなければならない。
言ってることほとんどGTAでしたけどね。
続編もあるようなので、観ます。
なんでエイミーの映画は英語字幕がないのか。ファック。
 

>>>Read more


第二の卒論が終わり、自由がやってきました。
勉強(だいたい映画見るだけ)の時間がやってきました。


今日はトイストーリー3。

ほんとね、ズルイね。
卑怯だね。
最後のシーンね。

2は何度も観たとはいえ1なんかほとんど覚えてないのに。
紹介するアレはズルい。
初めて映画で泣けました。

オッサンになったらさらに涙腺ゆるくなってふとした拍子に泣きそう。
拙者早漏で候。

今度1も借りてきます。
もうちょい世代上だったら1も直撃世代だろうし、
それはそれは感動レベル凄まじいんでしょうな。

そしてディズニー映画なので勉強にもとても良い。


ストーリーは予告が割とテレビとかで流れたと思うんで知ってる人も多いであろう。
少年が大人になってしまった後のオモチャたちの行き場はどこなんや、って話。

最初ウッディがなんであんなアンディに固執するんだよと思ってアレでしたが、
そんなことは後のアクションシーンのいつも通りの面白さでどうでもよくなり、
最後に一撃喰らってとても後味の良い映画でした。

メジャー+良映画な場合は是非マッサラな気持ちで観てほしいのでネタバレはしません。

もっとディズニー観よ。
 
私の一番好きなバンドとか歌手は時期によって移り変わりが激しいです
今まで微妙だったり新しく知ったりして好きになることはあっても、
今まで好きだったのに嫌いになるとかはない。

今まではなにか自分の心をグッと掴むメロディやリフを持つ曲を多く持つバンドとかが一番好きになり、
聴いてるうちに新しい凄まじさを持ったバンドと出会い、流行の移り変わりのように浮気して、
変わっていってました。


今一番好きなのはParamore
私がなにか新しいバンドとかと出会った時、それを好きになる条件は

メロディ、リフがカッコイイ
歌詞が良い
声が良い
なんか分からんけどノれる
ボーカルがカッコイイ
ボーカルがかわいい

これらのどれかひとつを満たすこと。
なので「これイマイチだな」と思うことはあまりありません。

そしてこれらを全てバランスよく満たすのがパラモアなのです。


女ボーカルのパンクの歴史を変えたとも言われているモンスターバンドなので、あらゆるところで耳にします。
だから必然的に聴いてみたのです。
そして一目惚れしたのです。
ただ、当時メタラー志向でメタリカやらチルボドやらカーカスやらにハマっていたものですから、
あくまで大好きなバンドのひとつでしかなかった。

ところが今年。
例の桃源郷に行く直前に4thを購入しました。

予め「ロックやメタルは嫌い」と言ってたルームメイトに「じゃあどんなロックが好きなの?」と聞かれ、
自信満々に「メタリカ!」とは答えられず、
一番ではないけどなんかバランスよく好きでかつメジャーなバンドを思い浮かべ、
真っ先に口から出てきたのがパラモアでした。

その後何を聴くか迷った時になんとなくパラモア聴いてたりしていたら、
いつの間にか一番好きなバンドになってました。
何か尖ったものばかり求めていたから今までこうだっただけで、パラモアには人を魅了する何かがある。

そしてこの前、iPodの再生数ランキングを見てみたらこんな感じでした。
パラモア無双。

rank.jpg


iPod移植したりする段階で再生数も引き継いでいるものとそうでないものがあり、
nano時代の名残が非常に色濃いモノとなっております。
なぜかメタルがほぼないという状況になってますが、
多分Enter sandmanやHeartworkあたりは本来3位くらいの位置に食い込んでるはずで、
アヴリルはこんな上じゃない。
でも長い期間それなりにハマってて、現在聴きまくっているパラモアさんはこの通りです。
買って半年の4thからも2曲あります。笑


大好きです。
 

>>>Read more

キーウィもどき

Author:キーウィもどき
ブログ始めたのは2008年。
話題は映画と洋楽とポケモン。

好きな物は北欧と言語と映画。
嫌いな物はニート。
好きでも嫌いでもないのは消しゴムだよ。


Xフレコ:0344-9716-0640
W2フレコ:1678-9948-7359
パズドラID:150.748.956
twitterID:@kModoki2
FilmarksID:saatan




リンクは歓迎してるよ!(チラッ
twitterフォローも歓迎してるよ!(チラッチラッ

未分類 (0)
日記 (188)
写真 (41)
映画・ドラマ (74)
言語 (0)
音楽・動画 (70)
マンガ (37)
ポケモン (192)
水御三家 (30)
育成済 (45)
プレイ日記 (17)
他ゲーム (57)
FFTA2 (6)
パズドラ (5)
とび森 (12)
FE覚醒 (6)


凡人の凡人による日記

かかし人形の暇人日記

トルコだより

ブログするのも生きてる証

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 暇人控え室, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。